市民研スタッフ

市民科学研究室は現在、常勤(フルタイム)の代表理事1名と週2日勤務の事務局が定期的に事務所にいて、他の理事5名。会計ならびにWeb管理アドバイザー、監事らと連絡をとりあいながら、皆で運営にあたっています。
2ヶ月か3ヶ月に1度開かれる「理事会」、そして年1回開かれる「総会」では、運営スタッフ全員が揃って審議することになります。
また、それぞれの研究会は、その研究会のメンバーから選出されたそれぞれの世話人が研究会の運営にあたっています。

役員
代表理事(常勤) 上田昌文
理事 江間有沙
理事 柿原 泰
理事 瀬野豪志
理事 橋本正明
理事 三河内彰子
監事 鈴木善博


上田 昌文(うえだ あきふみ)
大学では生物学を専攻。市民科学研究室の前身である「科学と社会を考える土曜講座」という名の市民による研究・学習グループを1992年を発足させて、科学技術関連の社会問題への取り組みを開始。2003年~2006年に科学技術社会論学会の理事メンバー。2005年~2007年に東京大学「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員。2010年~恵泉女学園大学で非常勤で「市民と環境政策」を担当。2013年~高木仁三郎市民科学基金・選考委員、2015年~科学技術振興機構(JST)サイエンスアゴラ助言グループメンバーなども務める。各地での講演や大学でのゲスト講義や雑誌連載の執筆など多数。クラシック音楽と古本屋めぐりと子どもと遊ぶことが大好き。


江間 有沙(えま ありさ)
大学修士課程のときに、はじめて市民研の扉をたたき、その後も「ナノテクと社会」「科学コミュニケーションツール」の研究会で、調査研究や発表に参加させていただきました。これから、組織としての市民研の活動をお手伝いをすることで、当時、学生だった私が市民研の活動に刺激を受けたことを、今の学生さんや、活動に興味を持っていただいた方にお伝えしていきたいと思います。


柿原 泰(かきはら やすし)
国立大学法人・東京海洋大学の教員で、科学史・科学論の研究・教育をしています。 低線量被曝研究会のメンバーでもあります。 歴史に学びながらこれからの「科学と社会」について市民科学の視角からみなさんとともに考えていきたいと思います。同時に、市民科学の活動が持続的に行える環境づくりにも尽力していきたいと思っています。

瀬野豪志(せの たけし)


橋本 正明(はしもと まさあき)
(市民科学者:自称)某国立大学商学部経済学科卒、独学で公害防止管理者(大気1種・水質1種)ほか環境関連の理系資格取得。趣味はエコカーでのドライブと読書、論文作成。好きな食べものはフライドチキン、えび、しゃこ。尊敬する人は田中正造、天野祐吉、やなせたかし。嫌いなものは霧吹きの水、原発、欲深いやつら。得意技はネコパンチ、得意分野はシックハウス・アレルギー問題、環境経済学、省エネです。日常生活に本当に必要な科学技術を考えることで、科学技術と社会のあり方を見つめ直しています。市民研のメンバーとして、市民一人一人の考え方の多様性を尊重しつつ、身近な問題の解決に向けた政策分析や政策提言をおこなっていければと思います。


三河内 彰子(みこうち あきこ)
人はどのように自然(そして世界)を把握しようとしているのか。「人と自然」について文化人類学のアプローチで研究・教育をしています。理科教育に関わるようになってより「科学と社会」の関係に疑問が沸き、国内外のミュージアムや科学研究施設で(研究者も一般も含めた)コミュニケーションの研究をしています。そして、展示や大学の授業などを通じて実践を行い、循環させようとしています。市民研に入って10年を超え、市民として「科学と社会」について考える場があることは幸いと感じる日々。共に考え、この団体を持続させたいと思っています。

鈴木善博(すずき よしひろ)

 

その他のスタッフ
特任研究員 桑垣豊
特任研究員 橳島次郎
特任研究員 新村直子
特任海外研究員 吉澤剛
事務局 細井康子
会計アドバイザー 湯村茂和


瀬川 嘉之(せがわ よしゆき)
NPO法人のシューレ大学で世界史、政治・経済、環境の講座を担当しています。低線量の放射線被曝は、原爆被爆、医療などでの放射線利用、原子力エネルギーの利用、核兵器開発や核被害などをむすぶ、大きな横糸だ。歴史に織り込まれたその糸を”今”の問題としてたどってみたい。


小林 友依(こばやし ゆい)
食への関心は高く、現在は管理栄養士として働いています。子どもたちの笑顔、驚いた顔、何かに気づいたときの顔など、様々な顔に出会える料理教室を作り、食を通じて皆さんが幸せになれるお手伝いができたら嬉しいです。


日比野 愛子(ひびの あいこ)
科学を、人々の営みとして捉えると、何が見えるのか……? 集団の力やツールの力に関心を持って、研究を続けています。この研究会では、各種ゲーミング手法やコミュニケーションツールで遊んでいます、もとい、実践に基づき、議論や新ツールの作成を楽しく進めています。

研究会メンバー
環境電磁界研究会 上田昌文(世話人)網代太郎、鮎川哲也、岩丸正男
食の総合科学研究会 小林友依(世話人)上田昌文、岡本正子、小野田美都江、菊池享子、高島系子、林田麻由子、武藤麻代
低線量被曝研究会 瀬川嘉之(世話人)上田昌文、糸永眞吾、柿原 泰、吉田由布子、永井宏幸、池辺靖、山口一郎
科学コミュニケーションツール研究会 日比野愛子(世話人)上田昌文、江間有沙、菱山玲子
〈生命/生物/人間〉研究会 橳島次郎(世話人)上田昌文
Bending Science研究会 瀬野豪志(世話人)杉野 実、上田昌文、中野 浩
市民と防災研究会 松本佐知子(世話人)上田昌文、阿部佐紀子、石坂信之、鈴木賀世子
住環境研究会 上田昌文(世話人)平松朝彦、山口安平
生命操作・未来身体研究会 上田昌文(世話人)神谷万喜子、鈴木賀世子
ナノテクと社会研究会 上田昌文(世話人)江間有沙、吉澤 剛

>各研究会の詳細はこちら