「はかる、わかる、そなえる」 あなたの街・家・教室の電磁波環境 測定と対策の協働プロジェクト

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

市民科学研究室では長年、家庭内や環境中での様々な電磁波(超低周波磁場や電波など)を自身で、あるは専門業者に委託して、計測し、それらのデータをもとに、数多くの報告書を書いてきました。

そうした経験を生かして、このたび、電磁波計測のサービスをいろいろな形で提供することにしました。名付けて「はかる、わかる、そなえる」です。あなたの街・家・教室で電磁波環境がどうなっているかを測定し、その測定結果に基づいて、じっくり話し合いつつ一緒に対策を立てていく、というプロジェクトです。

提供するサービスは次の3つです。

1)出張計測

測定器をもって現地にでかけ、測定し、その結果を報告書にまとめて「対策」を提示します。

出張計測を行ってまとめた報告書の例を掲げますので、参考にしてください。
携帯電話基地局アンテナからの電波を含む高周磁計測
保育園児を対象とした午睡見守りWi-Fiシステムの電磁波測定

2)計測器貸出し&オンラインによる計測指導

遠方の方の場合(あるいは自身で何箇所も測ってみたい場合)、1)では出張のための交通費が高くなるので、計測器を貸出し、ご自身で測ってもらうようにします。

その際のポイントは2つあります。
・測定器を壊さないように「精密機器扱い」で厳格に梱包してこちらから郵送し、かつ、使い終わったら同様の梱包で返却してもらう。
(これについては厳密を期すために事前に必ず電話などで打ち合わせをし、機器を破損した場合の取り決めも行います。)
・機器の使用方法については、通常使用説明書を読むだけではわからないことが多いので、オンラインの画面を通じて、直接会話しながら丁寧に説明する。

測定器は数種類保有していますが、通常は次の3つを貸出すことになります。
高周波(電波)測定器 TM-196
高周波&低周波 測定器 GQ Electronics EMF-390
(主として)低周波 測定器 トリフィールドメーター model TF2

 

3)電磁環境に関する相談やデータ処理(報告書作り)

市民科学研究室にはかなり頻繁に、電磁波問題に関する電話相談が寄せられます。これまでは完全に無償で応じてきましたが、長時間に渡る場合はそれを有料とさせていただければと思います。また、2)でご自身で測った結果について、市民科学研究室にそれを示し、市民科学研究室がそれを読み解いて報告書(対策などの提言を含む)を作ることを希望されることにも応じます。

これらのサービスに関するお申し込みやお問い合わせは、電話(03-5834-8328)あるいは「市民科学目安箱」からお願いいたします。
皆様とよい形で手を結んで、ますます複雑で高密度になってきている電磁環境の実態を明らかにしていければと願っています。

 

◆このプロジェクトに関する料金の一覧◆

以下のメニューに応じたお見積りは無料で承ります。

メニュー 時間・単位 費用
1)出張計測 現地にて3時間ほど ◆往復交通費実費(※1)

◆現地での計測・報告書作成費

2万円

2)計測器貸出 貸出期間は1週間

(※2)

◆機器郵送着払い(※3)

◆機器貸出料&

オンライン指導料

1万5000円

3)相談・解析 電話相談は60分まで

データ解析や報告書作成は1件につき

◆電話相談

5分まで  無料

30分以内 1000円

60分以内 3000円

◆データ解析・報告書作成(※4)

5000円

※1 JR「御茶ノ水駅」もしくは千代田線「湯島駅」から。
※2 到着日から1週間後の日に返却の発送をしてもらいます。
※3 郵送費は往復の分で2000円以内となります。
※4 報告書などは基本的にPDFで作成しメールで送付します。