室内環境学会2018での「環境過敏症」セッションの報道記事

投稿者: | 2018年12月25日

2018年度室内環境学会(12月6&7日、東京工業大学にて)では、「環境過敏症分科会(代表:北條祥子)」のメンバーが、発表をしました。そのメンバーの一人として、市民科学研究室の代表理事の上田も研究発表を行いました。その際に、東洋経済新聞、日本歯科新聞、赤旗新聞の3社がこれらの発表を取材しました。学会終了に上田も含めて数名が取材を受けました。

その取材の一つが、『赤旗』2018年12月25日号に掲載されましたので、お知らせします。記事はこちらからご覧ください。

上田の発表内容に関してご関心のある方は、ご連絡いただければ関連資料をお送りします。ご連絡はこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です