スウェーデン・ノルウェー・デンマークを訪ねて~市川房枝記念会スタディーツアーに参加して~

投稿者: | 1999年5月10日

渡辺まどか

松山市在住の『どよう便り』購読者、渡辺まどかさんから貴重な北欧訪問報告が届きました。土曜講座では以前にも樋口美智子さんに「私の見たスウェーデン」と題してお話を伺いましたが(『どよう便り』第11号参照)、渡辺さんの報告は、市民が主体的な政治参加を具体的にすすめていくためのヒントをたくさん提供してくれていると思います。皆さんのご意見ご感想をお待ちしています。(U)

昨夏、学生時代からの念願がかない、北欧へ旅することができた。10日間のスタディ・ツアーだったが、私にとって収穫は大きかった。
皆さんは、北欧にどんなイメージをお持ちだろうか。
研究者の方などが、北欧の旅について土曜講座で述べられていたこともあった。でも日本の参考になり難い、遠いところと思われている方も、多いのではないだろうか。
私も、自分なりに勉強したつもりだが、”北欧は日本とは違うから”と考えつつ行った。
だが私はいま、高齢化の加速する日本の私達が、北欧に学ぶ必要性は高い、と改めて思う。
続きはpdfで→doyou_wellfare199905.pdf

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です