WHOコロナウイルス報告書の本文の日本語訳

投稿者: | 2020年3月2日

2020年2月末に公表された上記報告書は、現時点で、新型コロナウイルス感染に関する世界的な動向をふまえた最新の科学報告書だと思われます。

一般の方々の関心も非常に高いため、急遽、本文のみ日本語に訳してみました。

あくまで試訳ですので、引用される場合などは、できるだけ、報告書の原文(英語)と照らし合わせた上で、確認していただけるとありがたいです。

もちろん、誤訳の指摘や訳の改善に関するご助言は大いに歓迎いたします。

上田昌文(NPO法人市民科学研究室)

 

●訳文の訂正

以下、大きなミスがありましたので、訂正いたします。
PDFファイルを差し替えた場合は、訂正箇所を赤字にして示します。
それほど大きなミスでないものもあり、気づいた限り、PDFでは赤字で修正しています。

以後も、訂正の追加の可能性がありますが、その度に、ここに記していきます。ご了承ください。

 

〈初版の該当箇所(以下に掲げた最新の版で取り消し線を付けた部分)の差し替え〉

12ページ下から3行目から13ページ上から2行目

臨床検査で確認された患者では、約80%で、肺炎であってもそうでなくても、軽度から中程度の疾患が見られる。13.8%が重度の疾患 (呼吸困難、呼吸数が30/分以上、血中酸素飽和度が93%以下、PaO2/FiO2比が300未満、および/または24‐48時間以内に肺野の50%を超える浸潤肺) を有し、6.1%が危篤(呼吸不全、敗血症性ショック、および/または多臓器不全) である。

19ページ上から4行目から7行目

各省での粗発生率(訳注:性年齢構成などを考慮しないで導いた発生率)の比較に基づき、合同調査団は中国で実施されてきた政府全体および社会全体での対策により、中国国内で数十万件のCOVID-19 の発症が回避されたか、少なくとも遅延したと推定した。

 

 

 

 

報告書原文

Report of the WHO-China Joint Mission on Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)

 

本文の日本語訳

 

市民科学研究室の活動は皆様からのご支援で成り立っています。『市民研通信』の記事論文の執筆や発行も同様です。もしこの記事や論文を興味深いと感じていただけれるのであれば、ぜひ以下のサイトからワンコイン(100円)でのカンパをお願いします。小さな力が集まって世の中を変えていく確かな力となる―そんな営みの一歩だと思っていただければありがたいです。

ご寄付はこちらからお願いします



WHOコロナウイルス報告書の本文の日本語訳」への3件のフィードバック

  1. 千葉 晃

    私もWHOのHPからダウンロードしましたが、英語の能力がなく、どうしよう?と思っていましたが、この訳は助かります!頑張って読みます!

    返信
  2. 澤井 留里

    わからないこともありましたが、私でもなんとか読み下すことができる分量と内容でした。日本語訳をこの時期に出してくださったことは、ものすごく意義があると思います。ありがとうございました!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です