7月8日(日)市民科学講座: 「成長の限界」とその先の未来―イージー・オイル時代の終焉と 新しい文明の興隆

投稿者: | 2018年5月5日

市民科学研究室・市民科学講座Bコース

「成長の限界」とその先の未来
イージー・オイル時代の終焉と新しい文明の興隆

チラシ(PDF)→こちらから
紙媒体のチラシ(10部以上)の配布にご協力いただける方はこちらからリクエストしてください

お申込み→こちらから

2018年7月8日(日)14:00~16:30(13:30開場)
光塾COMMON CONTACT並木町
参加費:1000円(学生500円)/市民研会員は半額かつ同伴者割引あり/事前予約が必要です(定員40名)
Web会議のシステムを使っての遠方からの参加が可能です(8名まで)。希望者は事前にお問い合わせください。

イージー・オイル時代は、過去のものになりつつあります。各種統計が、それを示しています。「成長の限界」が現実のものとなりつつあるのです。「有限な地球で無限成長は出来ない」と頭ではわかっていても、まさか自分の生きる時代にその限界がやってくるとは、ほとんどの人は想像もしていません。エネルギー環境が変わる時とは、文明の形が変わる時でもあります。「次の時代の文明」とは、一体どのような特徴を持っているのでしょうか。皆さんと一緒に、「半歩先の世界」を見通してみたいと思います。

◆講師プロフィール◆
TatsuyaYamamoto
山本達也さん 清泉女子大学地球市民学科教授
一般社団法人Edition4 Studies代表理事。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター主幹などを経て現職。技術がいかにして政治や社会を変革するのかという視点から、「次の時代」の政治・経済・社会システムの研究を行う。専攻は、国際関係論、公共政策論、情報社会論。著書に、『暮らしと世界のリデザイン:成長の限界とその先の未来』(花伝社、2017年)、『革命と騒乱のエジプト:ソーシャルメディアとピーク・オイルの政治学』(慶應義塾大学出版会、2014年)、『アラブ諸国の情報統制:インターネット・コントロールの政治学』(慶應義塾大学出版会、2008年)、『多様化する社会と多元化する知:「当たり前」を疑うことで見える世界』(共編著、ナカニシヤ出版、2017年)など多数。
ホームページは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です