遊星より愛をこめて ~幻の「第12話」をもとめて

投稿者: | 2000年7月10日

牧史郎

●拝啓「科学と社会を”おたく”する土曜講座」様
はじめまして。私はアニメ・特撮研究家の牧史郎といいます(研究家といってもただの「おたく」です)。21世紀を目前に控えた2000年の今日、いまだに「おたく」というだけで忌み嫌われているこの私が、何故この「どよう便り」という硬派な(?)研究雑誌に拙文を載せる羽目になったのか、自分でも不思議であります。それは幸か不幸か、この「土曜講座」という研究会の代表者である上田氏とふとした事から知り合い、氏の「おたく度」に共感したという事が大きかったと思います。
聞けば氏は、科学系の一流大学を卒業され、現在では優秀なフリーランスの研究者だそうですが、それとは別に相当の「音楽おたく」で(特にクラシック系)、そのクラシックに対する異常なマニアぶりは、さすがの私も舌を巻きました。又、これほど膨大な情報を入手して一体何に使おうというのか、と思う程科学系はもとより、内外問わずあらゆる社会問題を含めた「情報収集のおたく」でもありました(でも、その情報網羅力を駆使して、なにやら難しい研究論文を書く事をなりわいとしていらっしゃるのですから、私などに比べたらずっと生産的な「おたく」なのだと思います)。

ともかく、こちらはアニメや特撮の話題、相手は音楽や科学の話題と、全く話が噛み合っていないのに、お互い好きな事をべらべらしゃべり合ったあげく、どこか共感できるものがあったというのは、やはりお互いの「おたく」たる所以でしょうね。
そうこうしているうちに、「あの話を書いてみませんか?」との上田氏からの原稿依頼がありました。「どよう便り」のような雑誌には似つかわしくない内容だと思い断ろうと思いましたが、やはり上田氏から紹介された氏の友人の田代氏(彼も私に負けじ劣らじのアニメ・特撮マニアでした)の勧めもありましたし、「おたく」の上田さんが代表をやっているグループですから…。それによくよく「どよう便り」の何号分かを読ませて頂いた処(正直言って私の頭では良く判らなかったですけど)、どの人もとっても優秀な論客なんだと思うのと同時に、要するにこのグループは「科学と社会を”おたく”する土曜講座」だ、と思ったら少し気が楽になって「あの話」を書いてみることにしました。

私は科学の事などまるで判らないし、社会問題や市民運動といった事にも全く縁の無い人間ですので、一人の「おたくのつぶやき」として、お話をさせて頂くことにします。

続きはpdfで→dyou_total_maki_200007.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です