十一人劇場 7/8: もはや戦後ではない 7/15: シリアスゲーム体験 8/12: 東京オリンピック 

投稿者: | 2017年6月11日

市民科学研究室事務所の共有スペースをを使った「十一人劇場」のお知らせです。

第4回 7月8日(土)14時から 蘇音カフェ 第二回 vol.1の続き・後半 「もはや戦後ではない」
第5回 7 月15 日(土)18 時から カードを用いたシリアスゲームを体験してみよう!
第6回 8月12日(土)14時から 蘇音カフェ 第三回 vol.2 「東京オリンピック」

どなたでもご参加いただけます。ただし、コーヒー代(チラシの裏をお読みください)をご負担ください。また定員が11名ですので、参加を希望される方は必ず、市民科学研究室まで予約の連絡を入れてください(電話03-5834-8328、ファクシミリ03-5834-8329でもかまいませんが、このホームページの「お問い合わせ」フォームを使ってメールでご連絡いただくのが一番簡単です)。

チラシは 
その1
その2
その3

◆十一人劇場 第4回◆
7月8日(土)14時から
蘇音カフェ 第二回 vol.1の続き・後半 「もはや戦後ではない」
出演&進行:出演&進行:瀬野豪志(「蘇音」代表)

6月3日のvol.1「まだ戦後だったころ(1945-1955)」において時間の都合で扱うことができなかった後半の内容を、vol.1の続編・増補版として「もはや戦後ではない」というテーマで開催します。「占領の終わり」「復員」「生活の改善」「もはや戦後ではない」についてのニュース映画、放送、レコードの音声を聞きます。前回6月3日の内容も紹介しながら進めます。今回の続編からのご参加も大歓迎です。

※蘇音プロジェクトとは
「蘇音」は、音響技術史や聴覚文化論 -「サウンド・スタディーズ」- をもとにした、音の歴史研究と制作活動を行うプロジェクトです。「蘇音」の活動は、過去の文化やことばを「再生音」から聴くことができるようにするとともに、現代生活の至るところに浸透している「再生音」について考えることを目的としています。

※蘇音カフェとは
「蘇音カフェ」は、コーヒーやお茶を飲みながら、レコード、放送、映画などに残されている「音」や「ことば」を聴いて、気軽におしゃべりをするイベントです。参加するにあたって、準備するものや専門的な知識は必要ありません。これまで聴いたことがなかった時代の面白さや、今は亡き人の声を聴いての印象、音を聴いて思い出した個人的経験などを参加者同士で語り合うことで、自分一人だけではわからない「再生された音」の多様な聴き方を知ることができます。

◆十一人劇場 第5回◆
7月15日(土)18時から
カードを用いたシリアスゲームを体験してみよう!
出演&進行:上原龍  下川修二  上田昌文

シリアスゲーム(Serious game)とは、エンターテインメント性の追求を目的とするゲームとは違って、防災や教育や医療などの現場での活用をも視野に入れた、社会問題の解決に役立つことを主目的とするゲームです。市民科学研究室ではすでに「生活習慣病対策ゲーム ネゴバト」を開発し、数多くの体験の機会を設けてきましたが、今年から正式な販売が始まり、より多くの利用が見込まれています。

今回の十一人劇場では、上原さん、下川さんがそれぞれ独自に開発された「帰納ゲームさあどうする?」ならびに「クロスロード~組織のリーダー・メンバー編~」をご紹介いただくとともに、参加者に「ネゴバト」もあわせて3種類のカードゲームを体験していただきます。シリアスゲームの意義、面白さ、可能性を一緒に考える、貴重な機会になると思います。

「帰納ゲーム さあどうする?」
科学、技術、社会的常識、個人の価値観等に関連するゲームです。帰納的思考と対話を誘発するための単純なフレームゲームを用います。フレーム(手続き)だけは固定で、テーマについては、いろいろと切り替えることが可能です。私が今までに実施してきたテーマには、食品安全、防災減災、環境・エネルギー、健康医療があります。新たなご知見をいただくことで、他のテーマに拡張することも可能と考えています。(上原)

「クロスロード ~組織のリーダー・メンバー編~」
「クロスロード」は、文部科学省大都市大震災軽減化特別プロジェクトの一環として開発された研究成果物です。クロスロード ~組織のリーダー・メンバー編~は、その手法を踏襲しています。組織の中で直面し得る葛藤場面(ジレンマ)を描いた問題カードを読み、二者択一の岐路の上で、参加者同士が選択の理由・課題を対話するシリアスゲームです。ビジネス活動の設計やマネジメントに必要な力を身につけることなど、いろいろな目的を持って組み立てることができるプログラムです。(下川)

「生活習慣病対策ゲーム ネゴバト」
市民研ホームページの特設サイトご覧ください。動画も掲載しています。

◆十一人劇場 第6回◆
8月12日(土)14時から
蘇音カフェ 第三回 vol.2 「東京オリンピック」
出演&進行:出演&進行:瀬野豪志(「蘇音」代表)

1940年に予定されていた東京オリンピック、1964年の東京オリンピックについての音声資料を聴きながら、日本の「近代スポーツ」、東京の「街の変化」、そして「放送」という技術を使った「実況中継」「スポーツ選手の声」「人々の声」などについてのおしゃべりをします。この回では、放送やレコードの音声の他に、映像に付けられている音声、文字として残されている「ことば」も扱います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です