ARCH(チェルノブイリ健康研究アジェンダ)について

投稿者: | 2013年9月18日

ARCHとは Agenda for Research on Chernobyl Health (チェルノブイリ健康研究アジェンダ)の略称で、欧州委員会がIARC(国際がん研究機関)のもとに立ち上げたプロジェクトです。
市民科学研究室・低線量被曝研究会は、1年ほど前にこのプロジェクトのことを知り、その重要性を広く日本にも伝えたいと考え、ここ半年ほどをかけて、2012年に公開されたARCH Technical Report を翻訳しました。専門的に高度な内容も含むため、訳文のチェックにはさらに時間を要しますが、目次にある各章の翻訳を、順次公表していく予定です。
                                         市民研・低線量被曝研究会
********************************
ARCH(チェルノブイリ健康研究アジェンダ)について
csijnewsletter_020_arch_overview_201309.pdf
翻訳:ARCH Technical Report 序論 
csijnewsletter_020_arch_intro_201309.pdf
ARCH Technical Report の目次は以下のとおり
(全164ページ、文献一覧を含む)
7-12    序論など
13-19   チェルノブイリコホートなど
20-32   甲状腺癌と甲状腺疾患
33-40   白血病とリンパ腫
41-48   甲状腺以外の腫瘍
49-53   放射線被曝による白内障
54-57   循環器と脳血管の疾患
58-61   免疫系の影響
62-65   急性障害
66-74   想定外の放射線障害
75-79   胎児被曝での精神ストレス
105-116  付論:放射線生物学第1章
121-134  付論:放射線生物学第2章
144-164  付論:放射線生物学第3章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です