環境の仕事とは~コンサルティングの仕事からみえるもの~

投稿者: | 2011年2月21日

環境の仕事とは~コンサルティングの仕事からみえるもの~
石塚隆記(2011年2月12日)
私は環境コンサルタントとして働いている。先日、市民科学研究室の談話会において、「環境の仕事とは~コンサルティングの仕事からみえるもの~」という題目で、講演を行う機会をいただいた。講演をするにあたって、私がこれまでに携わってきた自分の仕事をまとめることができたので、私にとって談話会は良い機会であった。
まず、我が国の法制度において、環境コンサルタントという仕事はどこにも定められていない。したがって、だれでも環境コンサルタントになりたい人は、特別な公的資格を取得することなく、自らのことを環境コンサルタントと称することができる。この意味で、環境コンサルタントは、他の専門職、例えば弁護士とは異なる。我が国では、弁護士の仕事をするためには、弁護士の資格がなければできない。
環境コンサルタントは、法的にその業務の範囲が定められていないことから、様々な分野で仕事を行っている。私も、その例外ではない。私は、主に三つの異なる分野のお客さんに対して環境コンサルティングサービスを提供している。第一は政府系機関であり、第二はメーカー系企業であり、第三は金融機関である。これら三つの分野のお客さんは全く異なる業務を行っているが、いずれの分野のお客さんからも環境コンサルティングサービスに対する要望がある。
政府系機関は、彼らが政策を立案・実施・推進するために、環境コンサルティング会社に対して、種々の調査・研究を行うことを要望する。現在の世の中において、環境政策の枠組みはとても複雑になっていることから、民間企業のサポートなしに環境政策を遂行できる政府系機関はないと言える。
一方、メーカー系の企業、特に製品を外国に輸出している企業からも、環境コンサルティングサービスに対する要望がある。現代はグローバル化の社会であり、したがって、製品は国境を越えて世界中を流通している。ただ、メーカー系企業は、製品を輸出する際に、輸出先の国の環境規制を遵守しなければならないという問題に直面する。世界の各国は、それぞれ独自の輸入品に対する環境規制を有している。輸入品に対する規制はとても複雑なので、かなり多くの企業が環境コンサルティング会社に対して、法規制を遵守するためにはどうすればよいのかという要求を出す。
最後に金融機関も、環境コンサルティングを必要としている。金融機関は、環境に対して悪影響を与えている企業またはプロジェクトに対して、投資することを嫌う。そこで、環境コンサルタントが雇われ、投資先の企業またはプロジェクトの環境パフォーマンスを監査する。監査結果は、投資するかどうかの決断をする際に参照される。
近い将来、家庭部門に対する環境規制が強化されると私は考えている。なぜなら、現在の環境法規制は、家庭部門に対する規制力がとても弱いからである。例えば、家庭では、お金さえ払えば、水、電気、製品を使いたいほうだいである。もし家庭部門に対する規制が強化されたら、家庭部門からも環境コンサルティングサービスの要望が生まれるかもしれない。そしたら、私のお客さんには、企業や政府系機関だけではなくて、一般消費者も含まれることになるのかもしれない。小売業もおもしろそうだ。■
(以下は著者による英訳です。)
Work of an Environmental Consultant

Takanori Ishizuka
February 12, 2011
I am working as an environmental consultant and I had an opportunity to make a presentation regarding my profession at the office of CSIJ the other day. It was a nice opportunity for me to summarize what I have been doing so far in the field of environmental consulting services.
In the beginning, there is no legal definition of an environmental consultant, so that anyone who wishes to become an environmental consultant could become an environmental consultant and call themselves as an environmental consultant without any authorized permits or licenses. In this sense, an environmental consultant is different from an attorney. Anyone who hopes to undertake the professional work of an attorney requires a legal certificate of an attorney.
Since there are not any legal definitions of an environmental consultant, environmental consultants have been working in a variety of fields and I am no different from them. I have been working for three different types of clients. The first one is governmental offices, the second is manufacturing companies, and the last one is financial institutions. Those three clients are conducting totally different types of business, however there are demands for environmental consulting services in the three different sectors.
Governmental offices request environmental consulting firms to conduct various kinds of research or supports in order for the offices to develop, implement, and promote environmental regulations. In this modern time, regulatory frameworks of environmental regulations become so complex that no governmental agency can proceed with their jobs without helps of private consulting firms.
On the other hand, there are also demands of environmental consulting services from manufacturing companies, especially which expert their products to foreign countries. Now is the globalization age, so products could be circulating all over the world. Manufacturing companies have to confront environmental regulations when exporting products and placing them on the market in the host country. Each country has its original environmental regulations on import products. Regulatory frameworks which restrict import activities are so complex that a good number of companies call for the support of environmental consultants.
Financial institutions hire environmental consultants as well. Such financial institutions do not actively invest money in a company or a project which violate environmental good practices. Environmental consultants are then requested to conduct environmental audits to evaluate environmental performances of a company or a project when financial institutions decide whether or not to invest money.
In the near future, I think that environmental regulations on a household sector will be strengthened because there are currently little restrictions on the use of energy and materials against the residential sector. If so, demands for environmental consulting services will be created as well. In such cases, my clients will be not only business operators, but also a consumer. Retail business seems interesting, too.■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です