『市民研通信』第50号を発行しました

投稿者: | 2019年4月12日


『市民研通信』第50号を発行しました。
以下の記事論文は、すべてリンク先で全文をお読みいただけます。

この号に収められたすべての記事論文を束ねて紙の冊子にしてお送りすることもできます(有料)。入手を希望される方は、「出版物・販売物」のページの下欄の、「機関誌の購入はこちらから」からご購入ください。

また、印刷配布用の普及版(A3判外三つクロス二つ折り版)はバックナンバーを並べた「市民研通信」のページよりご覧いただけます。

ご意見、ご感想なども各記事の下にあるコメント欄からお寄せいただけますとありがたいです。

『市民研通信』第50号(2019年4月)

連載「変わりゆく高等教育」第1回
米国の知られざるエリート・オンライン全寮制大学Minerva(ミネルヴァ)
a.k.a.ミンミン

技術者倫理力教育への道程 (1) 技術者として技術者倫理研究に取り組む
比屋根 均 (技術者倫理・技術者教育研究者)

随時連載 街場のサイエンスカフェ 日本の宇宙開発史と電気ロケットの話
島田久美子(市民科学研究室会員)

連載 21世紀にふさわしい経済学を求めて 第6回
桑垣 豊 (市民科学研究室・特任研究員)

アイカム50周年企画「30の映画作品で探る”いのち”の今」第6回
「多彩な細胞の協奏として呼吸を理解する 肺炎の脅威にも目を向けて」上映イベント報告

【翻訳】現実の世界に降りて: 新興の研究分野 “プラネタリーヘルス”
翻訳:五島廉輔、五島綾子、上田昌文

未来社会について考えるNPO法人The Future Societyの活動とは
江間有沙(市民科学研究室・理事/東京大学)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です