『市民研通信』第56号を発行しました

投稿者: | 2020年2月15日


『市民研通信』第56 号を発行しました。

以下の記事論文は、すべてリンク先でお読みいただけます。

この号に収められたすべての記事論文を束ねて紙の冊子にしてお送りすることもできます(有料)。入手を希望される方は、「出版物・販売物」のページの下欄の、「機関誌の購入はこちらから」からご購入ください。

また、印刷配布用の普及版(A3判外三つクロス二つ折り版)はバックナンバーを並べた「市民研通信」のページよりご覧いただけます。

ご意見、ご感想なども各記事の下にあるコメント欄からお寄せいただけますとありがたいです。

『市民研通信』第56号(2020年2月)


新連載「日中学術交流の現場から」第1回 ゴジラの来る前夜に ―ゴジラと市民科学―
山口 直樹 (北京日本人学術交流会責任者)



「障害と人権全国弁護士ネット 東京大会シンポジウム」に参加して
【報告】白井基夫(医療生協さいたま生活協同組合・本部)
【参考情報提供】丸山節子(認定NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」事務局)


さまざまな声帯を用いない発声について
岡野宏(東京大学教養学部教務補佐員)


私のおすすめ3作品 2019年
市民科学研究室会員有志


連載「オーストラリア便り」第2回 火災、変動、闘い
永田健雄(市民科学研究室会員)


「胃はなぜ溶けないのか 細胞映像から消化の仕組みを解く」上映イベント報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です