『THE BIG ISSUE JAPAN』407号 (2021年5月15日発売)にインタビュー「市民が主役の科学調査“シチズンサイエンス”」

投稿者: | 2021年5月19日
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

『THE BIG ISSUE JAPAN』(ビッグイシュー日本版)407号(2021年5月15日発売)での特集「“調べる”っておもしろい」において、市民研代表の上田へのインタビュー記事「専門家が正しいとは限らない 市民が主役の科学調査“シチズンサイエンス”」が掲載されています。

市民科学研究室の活動を紹介しつつ、「市民科学」「シチズンサイエンス」の意義と楽しさについて語っています。

ご購入のうえ、お読みいただけますと幸いです。

市民科学研究室ウェブサイトに掲載している、関連する論文などを記しておきます。

ドイツの GEWISS Programme による『市民科学のための実践ガイド』の日本語版を公開しています

アジア圏における市民科学コミュニティーの紹介

記念講演:市民科学の取り組みからみたSTSの10の課題

【翻訳】新しい血を入れる:環境保健市民科学プロジェクトの期待

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です