『市民研通信』第45号(2018年5月)を発行しました

投稿者: | 2018年5月21日

『市民研通信』第45号を発行しました。
以下の記事論文はすべてホームページでお読みいただけます。

この号に収められたすべての記事論文を束ねて紙の冊子にしてお送りすることもできます(有料)。入手を希望される方は、「出版物・販売物」のページの下欄の、「機関誌の購入はこちらから」からご購入ください。

ご意見、ご感想なども各記事の下にあるコメント欄からお寄せいただけますとありがたいです。

『市民研通信』第45号 2018年5月
配布用カラー冊子(A3判外三つクロス二つ折)のPDFは
こちらのページの最上段より

アイカム50周年企画「30の映画作品で探る”いのち”の今」
第1回「ガンをみる、がんを語る」 上映会報告

ゲノム医療・ゲノム編集技術は社会をどう変えるか―4つの将来シナリオで考える課題と対策―
東京大学公共政策大学院修士課程「ゲノム医療TA」グループ

21世紀にふさわしい経済学を求めて 第2回
桑垣 豊(市民研・特任研究員)

日本・ベルギー共同プロジェクトの概要 (中間報告)
吉澤 剛(市民研理事/大阪大学)

【翻訳】 生殖の面倒な問題? 潜在的内分泌攪乱物質としてのアセトアミノフェンの研究

【翻訳】 新しい血を入れる: 環境保健市民科学プロジェクトの期待(上)(下)
→44号の(上)とあわせて、一つにまとめました。

市民研理事たちによる読み切りリレーエッセイ第2回 「市民科学とは何か ~4つの考え」
吉澤 剛(市民研理事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です