2月23日(日)お味噌づくり講座(定員20名)

投稿者: | 2020年1月15日

 
市民科学研究室 毎年恒例
お味噌づくり講座
~家族1年分のおいしい味噌を手作りしましょう~

味噌を自分で作ったことはありますか? 「手前味噌」という言葉がありますが、市販のパック詰めされた味噌と比べて、味もおいしく値段も安くてすみますから、一度体験すると誰もがその後ずっと手作りするようになるのは、とても納得がいきます。よい大豆とよい麹(こうじ)を使って上手に仕込み、半年ほど寝かせてしっかり熟成させた味噌の味は絶品です。この講座では、どんな初心者でも「絶品」を手にすることができるように、丁寧に作り方を指導します。1家族分を参加者2人~5人で等分して持ち帰ることもできます(密閉容器はそれぞれでご用意ください)。年に1度の機会ですので、どうかお見逃しなくご参加ください!

2020年 2月23日(日) 9:30~16:00

集合場所:NPO法人市民科学研究室事務所 (前日から浸水させた大豆を保管、それを皆で歩いて2分の作業場所まで一緒に運ぶ)
作業場所:アカデミー湯島 5F実習室
参加費:5000円(一家族分、つまり、出来上がりの味噌7~8kg分の、大豆(2kg)や麹や塩などの材料費などすべて込みで5000円)
※これより少ない量を希望される方は事前にその旨をお伝え下さい。その量に応じた参加費をいただくことになります。
定員:20組
予約申込:2月14日(金)正午までにこちらのコーナーよりお願いします。
お問い合わせ:市民科学研究室まで(TEL: 03-5835-8328 EMAIL: renraku@shiminkagaku.org )

持ち物:
・エプロン・三角巾・タオルなど
・ペットボトル(煮汁を持ち帰りたい方)
・マッシャーなど、大豆を潰す道具をお持ちの方はご持参下さい。
・容器:陶製カメ・ホーロー容器・プラスチック製密閉容器など(8~10リットルの大きさが必要です)。
味噌は7~8キロになります。相当重いので、キャリーなどが必要になると思います。

工程:
・前日に大豆洗い・浸水など
・当日
午前10時~
・大豆火入れ(2~3時間)
・材料準備
午前12時
・煮上がった大豆を潰し始める
・麹と塩を大豆と合わせる、そして冷ます
午後1時半頃  昼食
午後2時頃
・味噌玉を容器に詰める
午後3時頃
・終わった人から片付け開始
午後4時頃  終了

▶1組分の味噌の「5分の1」を単位にした分量でのお申込みも受け付けています
▶市民科学研究室ホームページに掲載の関連資料を紹介します
塩麹から発酵の世界をのぞいてみると
関係性の食学 第4回 大豆
子ども料理科学教室「発酵という魔法 小さな生き物(微生物)の大きな力をさぐる」
家庭生活の中で科学の芽を育む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です