『市民研通信』第47号を発行しました

投稿者: | 2018年10月19日

『市民研通信』第47号を発行しました。
以下の記事論文は、「知っ得! ヘルスリテラシー講座」の記事を除いて、すべてリンク先で全文をお読みいただけます。

この号に収められたすべての記事論文を束ねて紙の冊子にしてお送りすることもできます(有料)。入手を希望される方は、「出版物・販売物」のページの下欄の、「機関誌の購入はこちらから」からご購入ください。

また、印刷配布用の普及版(A3判外三つクロス二つ折り版)はバックナンバーを並べた「市民研通信」のページよりご覧いただけます。

ご意見、ご感想なども各記事の下にあるコメント欄からお寄せいただけますとありがたいです。

『市民研通信』第47号(2018年9月)

3つの教育プログラムの開発事業の提案―関心のある方のご参加を呼びかけます―
上田昌文(市民研・代表理事)

連載「知っ得! ヘルスリテラシー講座」第2回「過剰医療」
新村直子(市民研・特任研究員、医療健康ジャーナリスト)

電波防護指針の高周波領域の改訂案へ意見書を提出(「追記」あり)
市民研・環境電磁界研究会

【翻訳】腸は何を語っているのか? 腸-脳間情報伝達におけるマイクロバイオームの役割の探求
(訳者)五島廉輔、五島綾子、上田昌文

連載 21世紀にふさわしい経済学を求めて 第4回
桑垣 豊(市民研・特任研究員)

アイカム50周年企画「30の映画作品で探る”いのち”の今」第3回 腸内フローラ その共生の姿を探る 報告

土星の環を見たことはありますか? 市民研理事による読み切りリレーエッセイ 第4回
三河内彰子(市民研・理事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です