『市民研通信』第61号(2020年3月)を発行

投稿者: | 2021年3月22日
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

『市民研通信』第61号を発行しました。

以下の記事論文は、すべてリンク先でお読みいただけます。

また、印刷配布用の普及版(A3判外三つクロス二つ折り版)はバックナンバーを並べた「市民研通信」のページよりご覧いただけます。

ご意見、ご感想なども各記事の下にあるコメント欄からお寄せいただけますとありがたいです。

『市民研通信』第61号(2021年3月)

連載「日中学術交流の現場から」第6回
民衆立研究所を構想した科学者、神田左京とその協力者たち ―戦前期日本における市民科学者の系譜―
山口直樹 (北京日本人学術交流会責任者)

連載 美味しい理由―「味の素」の科学技術史  第2回
美味しさと健康 (2) 食べられる「食品」の品質
瀬野豪志(NPO法人市民科学研究室理事&「bending science」研究会世話人)

連載:開発主義政治再考 第2回
「総力戦」ないし「戦時動員体制」研究における 課題をめぐって
山根伸洋

市民科学入門講座 報告
コロナ時代を生きる知恵―大江正章さん『有機農業のチカラ』から学ぶ
中田哲也(ウエブサイト「フード・マイレージ資料室」主宰)

連載 21世紀にふさわしい経済学を求めて 第11回
桑垣 豊(NPO法人市民科学研究室・特任研究員)

私のおすすめ3作品 2020年
市民科学研究室会員有志

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です