『市民研通信』第60号(2020年12月)を発行

投稿者: | 2020年12月9日
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

『市民研通信』第60号を発行しました。

以下の記事論文は、すべてリンク先でお読みいただけます。

また、印刷配布用の普及版(A3判外三つクロス二つ折り版)はバックナンバーを並べた「市民研通信」のページよりご覧いただけます。

ご意見、ご感想なども各記事の下にあるコメント欄からお寄せいただけますとありがたいです。

『市民研通信』第60号(2020年12月)

新連載:開発主義政治再考 第1回  開発主義政治の第三段階に向けて―開発主義政治の遺産継承をめぐって―
山根伸洋

新連載:美味しい理由―「味の素」の科学技術史 第1回 美味しさと健康(1) 池田菊苗の談
瀬野豪志(NPO法人市民科学研究室理事&「bending science」研究会世話人)

連載「日中学術交流の現場から」第5回
北京から第五福竜丸元乗組員の市民科学者、大石又七さんへの手紙 第二便
山口直樹 (北京日本人学術交流会責任者)

子どもたちと「おもしろ科学」を遊ぶ
土屋 至(認定NPO法人おもしろ科学たんけん工房)

市民のための放射線防護の要件とは ―ICRP新勧告草案へのパブコメを手がかりに―
上田昌文(NPO法人市民科学研究室・代表理事)

市民科学は感染症(拡大)予防に寄与できるか
上田昌文(NPO法人市民科学研究室・代表理事)


▶同封したチラシその1
▶同封したチラシその2

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です