102. ナノテクと社会」カテゴリーアーカイブ

【翻訳】ナノマテリアルvs環境中の超微小粒子 ―毒性学の知識を取り交わす機会―

【翻訳者からのメッセージ】 分子レベルで物質や粒子を操作できるという着想に基づくナノテクノロジーは21世紀前後からアメリカの国策としてスタートし,日米欧はナノブームに沸きました。しかし現在では,25年を経てナノテクノロジ… 続きを読む »

【翻訳】PM2.5 と腎機能:長期間曝露は穏やかな低下に導くかもしれない

【訳者よりひとこと】 この論文はPM2.5長期曝露が高齢男性の腎機能低下を導く可能性があるかもしれないという報告をまとめたものです。大気汚染微粒子の増加が高齢者にもたらす影響は今後さらに大きくなるかもしれないことを示唆し… 続きを読む »

五島綾子さん、 「科学ブーム」って誰がどう仕掛けているんですか?

市民科学講座Bコース第4回(2015年9月25日)として、後藤綾子さんをゲスト講師にお招きし「五島綾子さん、<科学ブーム>って誰がどう仕掛けているんですか?」と題してお話いただきました。 PDFはこちらから ◆この講座の… 続きを読む »

日本における研究ガバナンスの崩壊

日本における研究ガバナンスの崩壊 小林 剛 ( 医学博士 環境医学情報機構 東京理科大学ナノ粒子健康科学研究センター元客員教授  カリフォルニア大学環境毒性学部元客員教授 ) pdfはこちらから→csijnewslett… 続きを読む »

呼吸器系疾患は減らせるか ~大気汚染の変遷から読み解く~

第16回市民科学講座 講座記録 呼吸器系疾患は減らせるか ~大気汚染の変遷から読み解く 講師:嵯峨井 勝 (つくば健康生活研究所代表、青森県立保健大学名誉教授、 元国立環境研究所大気影響評価研究チーム総合研究官) 日 時… 続きを読む »

ナノリスクの展望 光触媒:有用性の暗転など

ナノリスクの展望:光触媒:有用性の暗転など 小林 剛* *Takeshi KOBAYASHI, M.D. 医学博士 小林 剛 環境医学情報機構 東京理科大学ナノ粒子健康科学研究センター元客員教授 カリフォルニア大学環境毒… 続きを読む »

WHO: ナノ健康リスクに予防的措置を勧告

WHO: ナノ健康リスクに予防的措置を勧告 小林 剛  医学博士 小林 剛 環境医学情報機構 代表         東京理科大学ナノ粒子健康科学研究センター元客員教授         カリフォルニア大学環境毒性学部元客員… 続きを読む »