動画配信(会員限定のものを含む)

市民科学研究室の過去の数多くの講座やイベントで、動画に収めているものが少なくありませんが、この2018年7月から、そうした動画から精選たもの、そして、今後行われるイベントについては終了後すぐにその動画を、以下に掲げるポータルサイトにアップロードしていきます。

以下の動画では一部に、觀るためにパスワードが必要なもの(市民科学研究室の会員にだけ配信されるもの)があります。ただし、このサイトに掲載して1年以上が経過したものから、いくつかを選んで、どなたでもご覧になれるように公開しています。

とりわけ、東京からみて遠方にお住まいでなかなかイベント会場に足を運べない方々にご利用いただけますことを願っております。

2020年3月13日(金)市民科学講座Aコース

監視社会の<現在(いま)>を考える

▶講師:斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
集会告知はこちら

 

2019年10月20日(日)市民科学講座Dコース

中学校や高校の理科の実験と放射線安全~クルックス管の利用で問われること

▶講師:秋吉優史
公立大学法人 大阪府立大学 研究推進機構 放射線研究センター 工学研究科 量子放射線系専攻 准教授
集会告知はこちら

 

2019年10月16日(水)市民科学講座Bコース

再エネで自給自足/独立電源の小屋(えねこや)

▶講師:湯浅 剛(一般社団法人「えねこや」代表理事)
集会告知はこちら

2019年9月10日(火)  市民科学講座Dコース

ICRP勧告にパブコメを書いてみる~原子力事故対応に関する草案を読み解いて~

▶講師:瀬川嘉之(市民科学研究室・低線量被曝研究会 高木学校・医療被ばく問題研究グループ)
集会告知はこちら

 

2019年8月26日(月) 市民科学講座Dコース

「大川小裁判高裁判決から1年4か月のいま確認しておきたいこと」

▶講師:林 衛(科学ジャーナリスト・編集者/富山大学人間発達科学部(科学コミュニケーション論))
集会告知はこちら

 

2019 年6月2日(日)市民科学講座Bコース

「“科学技術と社会との界面の存在=技術者”の倫理とは何なのか?」

▶講師:比屋根 均さん(公益社団法人日本技術士会中部本部倫理委員会副委員長、教育促進小委員長)
集会告知はこちら
集会配布資料はこちら

2019年5月25日(土)市民科学講座Bコース

「ブラックアウトと 大規模発電一極集中の脆弱性~市民発電のミライ」

▶講師:竹村英明さん(イージパワー株式会社社長、緑茶会(脱原発政治連盟)代表、市民電力連絡会理事長)
集会告知はこちら
集会配布資料はこちら

2019年2月2日(土)市民科学講座Bコース

「DIYバイオ:可能性と課題」

▶発表:田中雄喜 (東京大学大学院総合文化研究科博士課程在学中)
関連する集会報告はこちら

2019年1月26日(土)市民科学講座Cコース

5G(第5世代移動体通信)で飛躍的に増大する電磁波曝露―そのリスクを検討し対策を議論する

▶発表:市民科学研究室・環境電磁界研究会メンバー(網代太郎、鮎川哲也、上田昌文)
関連する集会案内の頁はこちら

2016年4月19日 市民科学講座Bコース

三上直之さん、市民参加でどのように世の中を変えていけるのですか?

▶ゲスト講師:三上直之(北海道大学 高等教育機能開発総合センター(現・高等教育推進機構)准教授)
関連する集会案内の頁はこちら
講座の録音・投影スライドを全文起こした記録(『市民研通信』所収)はこちらから

 


2018年12月16日 市民科学講座Bコース

「博物館のシロナガスクジラが青いわけ 博物館の模型とはく製の役割」

▶講師
森 健人 (国立科学博物館 動物研究部 支援研究員 )
中川龍一(東京海洋大学 海洋科学部 海洋生物資源科学科4年 集団生物学研究室)
▶ファシリテータ
三河内彰子(NPO法人市民科学研究室・理事)
関連する集会案内の頁はこちら

 


2016年1月19日 市民科学講座Bコース

「三河内彰子さん、 博物館はどんな可能性のある場所ですか?」

▶講師
三河内 彰子(みこうち あきこ)
関連する講座記録を載せた頁はこちら


2018 年11 月30 日 サロン「生命/人間/宇宙」

第1回「人はなぜ宇宙に行く(行かない)のか」

案内人:橳島(ぬでしま)次郎(生命倫理政策研究会共同代表、市民科学研究室特任研究員)
上田昌文(市民科学研究室代表理事)
関連する集会案内の頁はこちらから

 


2018年11月23日(祝、金) 市民科学講座Bコース

「災害のときのラジオ コミュニティのための番組をいかにつくるか」

▶講師(登壇者)佐々木健二(株式会社ジェイクランプ) 長﨑励朗(桃山学院大学社会学部准教授) 瀬野豪志(「蘇音」主宰、市民科学研究室理事)
▶協力 金子智太郎(東京藝術大学非常勤講師)
関連する集会案内の頁はこちらから

 


2018 年10 月6 日(土) 市民科学講座Aコース

「東電原発裁判から見えてきたこと~未公開だった検察資料を中心に~」

▶講師:添田孝史さん(科学ジャーナリスト)
関連する集会案内の頁はこちら

 

 

2018年7月21日 市民科学談話会

「ペレットストーブ屋になりまして」のその後
“木質バイオマスビジネス”の展望と課題~なぜ日本の木質バイオマスFITは地域を豊かにしないのか?

▶講師(話題提供):小林一朗さん(市民研会員・茨城県つくばみらい市「森と水と太陽のエネルギー舎」代表)
関連する記事をはこちらから

 


2018年9月12日(水) 市民科学談話会

「原発事故が飯舘村にもたらしたもの―事故から7年の記録」

▶お話:伊藤延由さん
1943年生まれ、出身は新潟。(株)新潟鉄工に入社(入社直後から福島原子力発電所の非常発電用デーゼルエンジン製造開始)。2010年03月飯舘村に設置された農業研修所「いいたてふぁーむ」の管理人に就任、その傍ら、水田2.2ha、畑1.0haを耕作。福島第一原発事故後、福島市内へ避難(避難場所から飯舘村に通い施設管理)。2011年11月「飯舘村新天地を求める会」を立ち上げ、飯舘村内の自然環境(土壌・自然の恵み・農産物)の放射能測定を継続している。

 

2015年9月25日 市民科学講座Bコース

五島綾子さん、 「科学ブーム」って誰がどう仕掛けているんですか?

▶ゲスト講師:五島綾子(薬博、理博。スイス連邦工科大学高分子科学研究所客員教授(1993)、静岡県立大学経営情報学部助教授(1998-2001)などを経て、同大学教授(2002-2008 退官))
『市民研通信』に掲載の講座記録はこちらから

 

2015年8月21日 市民科学講座Bコース

林真理さんと考える 市民は技術発展のための実験台なのだろうか?

ゲスト講師:林真理(工学院大学基礎・教養教育部門専任教員/専門は生命論、科学論)
『市民研通信』に掲載の講座記録はこちらから

 

2018年7月31日 (TV番組を観ての談話会、市民科学研究室事務所にて)

DIYバイオを考える

2015年8月7日 市民科学講座Bコース

霜田求さんとともに考える 遺伝子検査ってどこが問題なんですか?

▶ゲスト講師:霜田求(京都女子大学現代社会学部教授)
『市民研通信』に掲載の講座記録はこちらから→「講義編」「質疑応答編」

 


塩のリビングサイエンス

(2018年7月12日に「かつしかFM」の番組「早く教えてっ!ママレーザー」に、市民研の代表である上田がゲストとして出演し、「塩のリビングサイエンス」をテーマに語りました。)

 


issho-ippo(いっしょにいっぽ)主催 2016年6月23日 下北沢「ダーウィンルーム」にて

「子どもたちとともに向き合う、放射能のこと。みらいのこと。」―福島『放射能リテラシーワークショップ』にみる放射線教育のかたち―

上田昌文(NPO法人市民科学研究室・代表理事)と五十嵐和代(もとセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン『放射能リテラシーワークショップ』担当。現在:日本赤十字社社員)の対談および質疑応答

動画01 動画02 動画03 動画04 動画05

 


2016年03月05日 市民科学講座Aコース

「水素社会は原子力社会!? ~水素からみた原発とエコカーの未来~」

▶講師:上岡直見(環境経済研究所代表)

 


2015年7月24日 市民科学講座Bコース

「ぬで島次郎さん、科学って何かの役に立つためにあるんじゃないのですか?」

▶ゲスト講師:ぬで島次郎 (東京財団研究員(当時))
『市民研通信』に掲載の講座記録はこちらから

 

2018年7月8日(日)市民科学講座Aコース

「成長の限界」とその先の未来-イージー・オイル時代の終焉と新しい文明の興隆

▶講師:山本達也さん(清泉女子大学地球市民学科教授)
広報ページはこちらから

 

2018年6月30日 市民科学講座Aコース

「雨水利用実践報告」

▶講師:笠井利浩さん(福井工業大学環境情報学部教授)
広報ページはこちらから

 

2018年6月16日(土)市民科学講座連続企画

眞鍋じゅんこの築地講座 第1回

▶講師:眞鍋じゅんこさん(フリーライター)
広報ページはこちらから

 


中瀬勝義さん 体験的<環境&政治>論・談話会 第1回&第2回&第3回

広報ページはこちらから